顔のシミはなぜ出てくるの?主な原因と対処のポイント

最近顔がくすんできたなぁと思い、鏡を見て愕然としました。そう、顔全体に小さなシミが目立ってきたのです。まだまだ若いと思っていたのにお肌は正直ですよね。憎くきシミですが、なぜ出てくるのでしょうか?ここではシミの主な原因とその対処方法について、徹底的に調べてみます!

顔シミの種類は大きく分けて2つ

顔にでてくるシミには大きく分けると、老人性色素斑と肝斑の2つです。まず老人性色素斑ですが、名前からしてイヤな感じですよね。老人性って何!と思うかもしれませんが、すなわち加齢が原因なのです。

黒や濃いめの茶色をしており、日焼けが積もり積もって出てくるイヤなものです。若いころは新陳代謝も良く、日焼けをしてもシミがでることはありませんでしたよね。加齢に伴ってお肌の新陳代謝が下がり、少しづつ目立つようになります。

このお肌の新陳代謝のリズムのことを、ターンオーバーといいます。また睡眠不足や栄養の偏りなどが、シミの発生を促進させることもあるようです。もう一つは30~40代の女性に多い、肝斑と呼ばれるものです。頬骨のあたりに左右対称に、もやっと広がるシミです。

女性ホルモンのバランスの乱れによって起きるのですが、50代になると落ち着いてきます。紫外線の影響で肝斑が促進されますので、注意が必要ですね。お肌の天敵の紫外線ですが、そもそも紫外線がなぜお肌に悪いのでしょうか?

紫外線はUVAとUVBの2種類があります。UVAは長い波長の紫外線で、皮膚の奥にある真皮にまで届きます。皮膚の奥なのですぐにシミやしわになりませんが、時間とともに少しずつ皮膚にダメージを与えるのです。

そしてある一定のダメージが蓄積すると、シミやしわとなって表面化します。UVBは短い波長の紫外線で、表皮に直接ダメージを与えます。日焼けをして肌が赤く腫れる方は、まさにこの影響ですね。

紅斑と呼ばれる赤い腫れは、UVBを浴びてから数時間で症状が現れます。皮膚ガンや白内障の原因にもなりますので、直射日光はできる限り浴びないようにしましょう。それでは、紫外線の影響からお肌を守るにはどうすればよいでしょうか?

紫外線を防いで顔シミをを消す

紫外線対策の商品としてよく目にするのが、SPFという名前です。日焼け止めや化粧品によく表記されていますが、SPFとはどういう意味かご存知ですか?SPFは最大で50+まで存在しますが、数値が大きくなればなるほど紫外線を防ぐ力が強くなります。

化粧品の利用は女性は当たり前ですが、男性も紫外線の強い時期は利用をおすすめします。最近では、男性用化粧品にも紫外線対策用のものが登場しているようです。SPFが高めの化粧品などを日常から利用することで、ある程度紫外線対策は可能です。

しかしながら汗などで化粧品も流れてしまいますし、100%防御するのは不可能でしょう。お肌のターンオーバーの周期を乱さないように、規則正しい日常生活を送ることも重要です。

頑張って紫外線対策をしたにもかかわらず、シミが出来てしまった場合はどうしたらよいでしょう?シミに有効な成分として、ビタミンCやビタミンB2が挙げられます。ビタミンCはお肌のコラーゲンの生成を促進する働きがありますし、ビタミンB2は新陳代謝を高める働きがあるのです。

これらビタミンは体に蓄積させることができませんので、日常から摂取する必要があります。最近では化粧品にも配合されていますし、サプリメントで簡単に補うことも可能です。

顔のシミはある程度仕方ない

顔のシミは加齢に伴って、必ず出てくるものです。シミで頭を悩ませる前に、まずできることから対策をしましょう。紫外線対策と規則正しい生活を行えば、将来の自分の顔が変わってくるはずです。適切なケアを行い、いつまでも綺麗な自分でいたいですね!

http://顔シミを消す方法.biz/