おじいちゃんを何故か引き寄せてしまう私の体質

買い物に行くときに、自転車に乗っていた時のことです。広い歩道には道路側に自転車専用、その隣には歩行者専用と書かれ、更に自転車専用と書かれた道は茶色く塗られていました。

もちろん自転車に乗っている私は、自転車専用道路を走っていたのですが、私の前に自転車に乗ったおじいちゃんが一人いました。その人は足を広げてフラフラしながら、自転車専用と歩行者専用の間に引かれた白い線の上を走っているのです。

私の方が自転車を早くこいでいたので抜かそうと思ったのですが、フラフラ&微妙な位置でなかなか抜かすことが出来ません。そこでいけないことだと思いながらも、前後を見て人が来ないことを確認して歩行者専用道路から抜かそうとしたら、今度は左にフラフラされました。

ならば、と今度は右から抜かそうとすると今度は右にフラフラしました。最終的には、私とおじいちゃんの波長が合ったからだと諦め、抜かすことを止めました。そしてまたある日、今度は犬と散歩をしているおじいちゃんに遭遇しました。

今度はおじいちゃんではなく、犬が自転車専用道路を元気に歩いています。犬がケガをすると危ないので抜こうか悩んでいたのですが、相手は歩いているので、どうしても時間がゆっくりです。そこで諦めて抜こうかと思ったら、おじいちゃんが自転車専用道路側にフラっとなり犬もそれにつられて更に道路側に移動しました。

完全にデジャヴです。今回は自転車から降りて、完全におじいちゃんを抜かしてから再び自転車に乗りましたが、私の波長はどれだけおじいちゃんと合うんだ、と考えてしまいました。

思い返せば、ただ道を歩いているだけでも道を聞かれる、店にいれば店員でもない私に商品の説明を聞く、挨拶を交わすようになったら畑で採れた野菜を頻繁にくれる、と思うと、結構おじいちゃんと関わりあります。

野菜に関しては嬉しいですが、店で商品の説明を聞かれる回数は地味に多く、聞かれても私としては困るのですが。多分、これはおじいちゃんと波長が合うのではなく、私がおじいちゃんを引き寄せる体質なのかもしれません。