サイフォンから入れてくれるコーヒーを求めて喫茶店に行く

古い友人達と連絡を取り合い、お茶を飲む。日頃、家事や子育てに忙殺されています。自分の時間は子供が学校にいる数時間、ストレス解消に集まります。大体、駅前にて待ち合わせてブラブラ街を散策、店じまいの店舗が相変わらず多い。

地元の商店街で現在まで生き残り、営業している店はかなり減りました。古くからある喫茶店があり、ここで軽めの食事をしながらコーヒーをいただきます。昭和から続く老舗喫茶店、こういう店はご主人が高齢の方だ。

バイトのお姉さんもベテラン、だから安心感があります。焼きサンドを注文してみんなで食べながら近況を報告。常連さんは大体席が決まっていてこの日も見覚えのある顔がありました。サイフォンを使ってコーヒーを入れてくれる喫茶店は珍しいよ?

お客さんがニコニコしながらご主人と談笑しています。甘いものがほしいときはケーキをチョイス。こういう時間は大事だよね。不満を愚痴ってストレス解消、旦那やお姑めさんの悪口もここでは許す。たまに常連さんが割って入るときもあります。

嫁姑の問題など、アドバイスしてくれたり。子育ての不安には年配のおばあちゃんが相談にのってくれます。地元の昔話を聞いたり、昔は図書館やデパートがあって賑やかだったねなんて話したり。

喫茶店の側にスーパーができて買い物が便利だね、しまむらもあるねぇ?なんて話したり。田舎なんで新しく店ができると嬉しくなります。喫茶店の近くで春は桜祭りが行われ、夏は夏祭りが開催されています。

お祭りの時は繁盛しますね。いつもより客が入る。学生時代に入ってみようと思い、それからの付き合い。すでに30年近い年月が経過、私達もすっかりおばさんになりました。

お茶を飲む場所が少なくなり距離はありますが、定期的に顔を出すようにしている私達。ファーストフードの店がないので私達には貴重なお店になりました。今度、子供連れてきていいですかねぇ?親子で通う客も少なくないです。ご主人、元気で頑張ってくださいね。

サイフォンコーヒー